宮城の車買取:大型車・商用車・トラック・重機・事故車を高額買取

宮城で事故車買取(廃車・不動車)を行う株式会社ムラセ | ロゴ

買取専用ダイヤル | 080-5567-0455
0120-888-603
査定見積り無料 営業時間 9:00~20:00

宮城の事故車買取(廃車・不動車)業者 株式会社ムラセ | ロゴ

宮城県ではトラックや重機の需要が高い

トラックや重機の需要は都道府県によって異なりますが、東日本大震災をはじめとする様々な要因により宮城県ではトラックや重機の需要が高い傾向にあります。

こちらでは、宮城県の産業構造とトラックの需要、宮城県内におけるトラック買取事情をご紹介いたします。

宮城県の特徴

宮城県の特徴

宮城県は東京から約300km北東に位置していて、新幹線を利用すると東京から仙台まで約90分でアクセスできます。飛行機だと大阪から仙台までは約70分、名古屋から仙台までは約70分、福岡から仙台までは約100分です。

東日本大震災によって大きな被害を受けた宮城県ですが、復興計画の一環として産業誘致が行われており、県内各所でメガソーラーによる太陽光発電所の建設が進められています。太陽光発電所の建設に際して、パワーショベルやブルドーザー、ダンプカー、ユニック車、ミキサー車などの重機の需要が高まっています。

宮城県の産業構造とトラックの需要

宮城県は農業や畜産業などの一次産業が盛んに行われています。特に、お米の生産量は日本3位の産出額をとなっていて、ブランド米が有名です。また、臨海部の工業地帯や内陸部の工業団地では、二次産業である工業生産が盛んに行われています。

さらに、県庁所在地である仙台市を中心とするエリアでは三次産業の小売業やサービス業が成長を続けていて、一次産業と二次産業、三次産業がバランス良く発展していることが特徴です。これらの産業間の物資運送には主にトラックが使用されており、宮城県ではトラックの需要が高くなっています。

宮城県のトラック買取事情

宮城県のトラック買取事情

宮城県では、産業誘致によって東北一の大都市である仙台市や臨海部の工業地帯などを中心に一次産業・二次産業・三次産業の成長が続いています。そのため、トラックや重機の需要が高く、中古トラックの需要も高いです。

トラック買取価格は車種や年式、走行距離によって異なりますが、状態が良ければ古いダンプトラックでも100万円近くの値段が付くこともあります。

トラック買取実績をご紹介

株式会社ムラセでは、トラック・大型車の買取・査定依頼も承っています。これまでに買取させていただいたトラックの一例をご紹介いたします。対応メーカーや買取価格が気になる方は、ぜひご参考ください。

トラック:三菱 キャンター

三菱 キャンター

買取価格:700,000円

トラック:UD ビックサム

UD ビックサム

買取価格:1,600,000円

トラック:日産コンドル

日産コンドル

買取価格:1,500,000円

トラック:イスズ

イスズ

買取価格:7,500,000円

宮城県ではトラックの需要が高いため、古い車種であっても高値での買い取りが期待できます。株式会社ムラセでは、トラック買取を積極的に行っていますので、不要になったトラックや重機の処分でお困りの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。東北6県では、無料査定を行っています。

宮城のトラック買取はお任せ

会社名 株式会社ムラセ
代表 村瀬秀幸
住所(本社) 〒981-4263 宮城県加美郡加美町雁原230-1
住所(買取ヤード) 〒981-4203 宮城県加美郡加美町字菜切谷字大久保2-7
電話番号 0229-87-4033
許可証 古物商許可番号 第221200000287号 宮城県公安委員会
定休日 不定休
営業時間 9:00~19:00
URL http://w-trading.net/